手汗 止める 方法 対策

手汗を止める方法にはコレ|原因と対策法

手汗をかくには何らかの原因があると言えます。
したがってその原因を知ることで手汗を止める方法も異なってくるのは当然です。
ここで手汗の因果関係を考えて手汗を止める方法を考えましょう。

 

緊張や不安、興奮が手汗の原因の場合

人は緊張したり不安を抱えたり、興奮すると手汗をかくことがあります。
人によりその状況は異なりますが、どのような場合でもこのような時には
すなわち緊張する状態から脱するようにして、
不安はその原因を考えて取り除くようにしましょう。

 

興奮で手汗が出る場合はとにかく冷静になるように努力することで、
多くの場合はそのような状況をリラックスする状況に変えることで
手汗は止まるでしょう。
ちなみに東洋医学での手のひらのツボを押さえる方法もあり、
そのツボは合谷(ごうこく)や労宮(ろうきゅう)です。

 

自律神経の乱れが手汗の原因の場合

自律神経は自分ではコントロールできないとされていて、
通常であれば交感神経と副交感神経が正常に働きますが、
たとえばストレスが過大だと正常に働かなくなります。

 

そうすると手汗をかく原因にもなりますから、
この場合は心療内科などで適切な精神安定剤を処方してもらえば手汗は止まるでしょう。
またストレスを解消する運動をすることと、ストレスがない環境づくりも効果があります。

 

ホルモンバランスの崩れが原因の場合

ストレスも関係するようですが、ホルモンバランスが乱れると
自律神経が正常に作動しなくなり、汗腺の機能が崩れて手汗をかきます。
この場合は病院で診察を受けてホルモンバランスを正常に戻すようにすれば
手汗は止まるでしょう

 

病気が原因の場合

自律神経失調症や糖尿病などに起因すると考えられる病気に多汗症があり、
こうなると普通の方法では手汗を止めることは難しくなります。
この場合は皮膚科で適切な治療を受けて手汗を止めるようにしましょう。
治療には外用の制汗剤の使用や電気療法、あるいは注射などがあります。

更新履歴